[学部入学希望者の方へ]

この研究室でやっていること

この研究室では,画像処理・信号処理・CG・インタフェース・センサの技術を応用し,

といったものを実現する技術やソフトウェアの開発を行っています.具体的には研究テーマを見てください.

注意すべきこと

当研究室(学部)は,下記のような誤解をよく受けます.

誤解の例:

志望理由に,漠然と,

といった動機をよく聞きます.しかし,いわゆる企画やデザイン,映像制作は,本学部のカリキュラムで学習できる内容ではありません

きっかけはゲームや映像制作でも良いと思います.しかし,ゲームや映像を作るためのスキル(ソフトウェアの使い方)を身に付けるために入学する,というのは大きな誤解です. そうでないと,入学後に「想像していたところと違った!」と困ることになります. 研究テーマ演習内容本学部のカリキュラムをよく見て検討してください.

入学前の心構え

大学は「勉強」だけでは卒業できません.「勉強」とは,既知の事実について学ぶことです.それらは,本などを調べれば問題や解答が全て書いてあります.

大学生に求められるのは,勉強で学んだ基礎をもとに,自ら未知の問題を見つけてその問題に取り組み,解決する「問題発見・問題解決」能力です.身の回りの物事に対して,常に「なぜ?」という疑問を持ち,調べる習慣を身に付けましょう.

[大学院入学希望者の方へ]

大学院生に求めること

おおよその内容は,学部と同様ですが,大学院では,特に新規性・有用性を重視した研究を行い,その実証の手段としてプログラミング(言語不問)が必要となります.

卒業研究においては,

といった,研究プロセスを経て進めていますが,さらに,大学院では, を求め,指導しています.

入学前の心構え

学部も同様ですが,問題解決のための基本的なプログラミング能力を前提とします.プログラミング未経験者は,その分相当な努力が必要となりますので,入学前の学習をお勧めします.

[学部3年前期本配属希望の学生へ]

最初に考えるべきこと

まず,研究テーマ演習内容約束事を見て考えてください.

研究テーマを見て,自分の希望とする(希望に近い)または興味・関心のあるテーマがあるかどうか調べてみましょう.

目指すところ

学部における目標は,学外における学会発表(全員が必須)としています. そのつもりで指導しますので,高い意識を持って勉学に励みましょう(これが就職にも直結します). そのため,3年生前期の途中からゼミに配属します.

必要な知識

何かを求めるとき・表現したいときには,常に計算が必要です. まずは数Iレベルがしっかりできていることが必要です.

メディアシステム演習Iでは,信号処理,統計処理,ベクトル,空間図形,行列の知識が多用されます. したがって,授業科目としては,

の単位をしっかりと修得しておくことが望ましいと言えます.

また,研究テーマを進めていくうちに微分・積分といった概念が必要になることもあります. 必要となったときには自分で勉強しなければ卒業研究が進まなくなりますので,そのつもりで.

テーマなどが決まったときに,自分の考えを具現化するための手段として,プログラミングは必須です.プログラミングは研究を行う手段です.そのつもりでソフトウェア演習で学んでください.

そして,締切を守る,欠席しない,遅刻しない,は一般常識です.これができない人は信用されません.

組織の一員として

研究室の生活は,勉強だけではありません.イベントを月1で企画していますので,積極的に参加できる人,参加できるようになりたい人,企画できる人,企画できるようになりたい人を歓迎します.